漸進
主に、東方projectの原作シューティングに関する記事をまとめています。http://com.nicovideo.jp/community/co1995367にて配信もしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決めボム(小技編)
クリアを目指す際によく使われる手段の一つに「決めボム」があります。
抱え落ちを防ぐ手段として非常に有効な方法ですが、
同じ弾幕でも、人によって決めボムの仕方は様々です。
例を出しましょう。確認ポイントは始符「エフェメラリティ137」(Lunatic)です。

リプレイ1  リプレイ2

1と2では、ボムを打つタイミングが違います。
1は赤い玉を1回避けてからボム。
2は弾を全く避けないでボム。

どちらの方が簡単に見えるでしょうか。もちろん弾を避ける必要のない2の方が簡単ですね。
1の方は被弾こそしてないですが、必要のない弾避けをしていて避けるリスクを負っています。

このように、一口に決めボムと言っても、リスクを減らす工夫をすることによって、
より安全なプレイが出来るようになります。

ポイントは、ボムを打つタイミングと場所です。
(さきほどのエフェメラリティはタイミングの一例ですね。)

もう一つリプレイを見比べてみましょう。
確認ポイントは光学「ハイドロカモフラージュ」(Lunatic)です。

リプレイ1  リプレイ2

1と2では、ボムを打つタイミングと場所が違っています。
1は弾が来るまで下で待機し、迫ってきたらボム。
2は前の隙間に入り、弾が動くタイミングでボム。

一見下でボムる方が良さそうに思えますが、結果を見れば一目瞭然。
下で打つ方が2ボムかかっているのに対し、前に出る方は1ボムで突破しています。
東方風神録はボムが強力な作品ですが、ボムの攻撃範囲に敵が入っていないと
ボムダメージが減ってしまいます。よって、画面下で粘ってボムるより、
自分から前に出てボムった方が、被害を抑えられる場合が多いです。

リ プ レ イ 1
ハイドロ1

リ プ レ イ 2
ハイドロ2

このように、決めボムする場所とタイミングを少し工夫するだけで、
今までよりも効率的で安定したパターンを作れたりします。
決めボムをパターンに組み込んでる人は、ぜひ色々試してみてください。
スポンサーサイト



プロフィール

ぜん

Author:ぜん
静岡県在住。東方と艦これメイン。
過去にポケモンとかドラクエ9とか。それ以外はゼルダやRPG系中心に遊んでました。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。